ブログ壁紙
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ、五十嵐です。

少し前から気になっていた“ブルべ”。僕も昨日ついにデビューしました!

シクロツーリスト(グラフィック社)の田村編集長にお誘いいただき、BRM602青葉200km十和田に参加。

ブルべ?
フランス語で認定という意味。
通過予定時刻と制限時間を守りながら決められたルートを走り、「その距離を走る能力がある」という認定を受けるというもの。
主に200、300、400、600kmなどがあり、今回の200kmは12時間。レースはできなくても、持久力派の僕ならできるかも!

今回は八戸から十和田湖をまわり、奥入瀬渓流を下って八甲田山を一周する200kmのコースなのですが、発荷峠、傘松峠が行く手を阻む難易度の高いルートです。

やってまえ!(津軽の言葉)

5時半に八戸駅前でミーティングを行い、6時に出発!参加者は31人でしたが、すぐに散り散りに。

それはそうですよ!
軽くて最新の電動メカを搭載した自転車ばかりの中で、僕だけ14Kgちかくあろうランドナー、5速のユーレーですもの。。STIどころか、Wレバーがカチッと変速できるインデックスも付いていない、650×38Bのランドナーですものお!

田村編集長の電動アルテグラ搭載ケルビムランブラーに付いていくだけで精一杯。

でも602十和田は景色の良いところばかり!

十和田高原!

発荷峠!

十和田湖と奥入瀬はもはや説明不要!

「いい景色があっても心に留めておくあたりが鉄道の旅みたい」編集長のおっしゃる通りです!

「五十嵐くんナルシスト写真撮ってるもんねー旅の手紙の3通目とか!」
といいながら編集長も同じようなことしているじゃないですか!(笑)

八甲田山を登る前に昼食。
山菜ラーメン大盛り☆

しかしこれが仇に(笑)


血液が消化に使われてしまい、登りなのに睡魔+脱力感…
でも八甲田山は標高が高くなるにつれて雪が多く残り、傘松峠まで景色を存分に楽しめました!


傘松峠を通過!
まっすぐ阪を下れば青森ですが、山腹を周り八戸へ!

こちらの高原も八甲田山の眺めが素晴らしかったです。

谷あいを、集落を、町をぬけて八戸へ!
僕のトーエイランドナーが走りに目覚めてくれたような気がしました☆

もちろん制限時間もクリア、200kmを走れることが認定されましたー!ランドナーで(笑)

次は300かぁ!
スポンサーサイト

[2012/06/03 09:16] | サイクリング
トラックバック:(0) |


めー
奥入瀬いいねー☆
マイナスイオン浴びながら
走れたんだね\(^^)/♪
おつかれさまでした!

道南のブルベもぜひ!!!

めー 様
いがらし
コメントありがとう

マイナスイオンがぼわぁーって
すごかった(笑)

行くっきゃない!

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
奥入瀬いいねー☆
マイナスイオン浴びながら
走れたんだね\(^^)/♪
おつかれさまでした!

道南のブルベもぜひ!!!
2012/06/06(Wed) 20:46 | URL  | めー #ZqGTVORg[ 編集]
めー 様
コメントありがとう

マイナスイオンがぼわぁーって
すごかった(笑)

行くっきゃない!
2012/06/07(Thu) 06:49 | URL  | いがらし #J8TxtOA.[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。