ブログ壁紙
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ、五十嵐です。

前回のブログの続き。BRM530西東京600kmに参加しました!
DSCF1142.jpg
参加者は70人ほど、でしょうか?土曜日の朝5時スタートなので、前日は仕事だった方ばかりのはずですが、
ブリーフィングが始まると士気の高まりを感じます。

初日(30日)は快晴&猛暑の予報、2日目(31日)は雨の予報。

気温が上がる前になるべく距離を稼ぎたいと思い、最初の有人チェックポイントがある片瀬江ノ島まで40kmはハイペースで走行。
DSCF1158.jpg
昨秋、旧中山道散策でお世話になった松本ぽたりんぐクラブのWさんも参加されていたので、ご一緒させていただきました!
Wさんは前回のPBP(2012年)にも参加した、超ベテラン。追いつくだけで精いっぱいでした(汗)

小田原まで海沿いを快走。東海道はトレーニングを兼ねたローディーたちが多く、競っても(?)ランドナーでは歯が立ちません。

小田原から伊豆半島を南下し始めると日差しが強くなり、ジリジリと体力が奪われていくのを感じました。
なぜなら前夜は残業になり、前泊地の町田駅に着いたのはスタート当日の午前0時。睡眠時間は2時間ほどなので、
DNF(リタイア)と隣り合わせの状態なのです。
DSCF1182.jpg
伊東のPC1(ローソン伊豆熊坂店・141.3km地点)には11時39分に到着。PCのクローズまで2時間45分。
スタートからアクエリアスを飲んでいたので、気分を変えようと午後の紅茶の水割り、補給食は冷やしラーメン、にぎり寿司、ワッフル。食べたいものを素直に選びました!

金沢の300kmに続き、今回も明星大学のT君が参加!
DSCF1185.jpg
最近は実業団にも加わり、PBP参加も決めているそうです!

昨年も袖ヶ浦400km、喜多方600kmを一緒に走ったT君はメキメキと頭角を表し、
しっかり牽いてもらって(←ダメな先輩)、東海道を西へ猛進!

袖ヶ浦400kmでご一緒したSさんが沼津に住んでるはず…」と話していたところ、
DSCF1190.jpg
道沿いで待っていてくれました!!!驚くことに大分前からこのブログを読んでくださっていて、
初めてお会いした時にみかん農家でアルバイトしていたこと、北海道に行っていたことを聞いてくれて、
嬉しいような恥ずかしいような気分になりました(笑)2月の事故、ご心配おかけしましたm(__)m

富士川の手前でT君と別れて某自転車店に寄り道したため、ここからひとり旅になりました。
DSCF1198.jpg
PC2(ミニストップ富士川木島店・184.4km地点)には14時39分に到着。PCのクローズまで2時間37分。

停車時間を最小限に抑えるため、フロントバックに出来るだけ多くの食料を詰め込み出発。
DSCF1200.jpg
一度にまとまった量を食べると胃に負荷がかかるので、なるべく少量ずつに分けて食べるようにしています。

それにしても富士川は長い…。
DSCF1203.jpg
屏風のようにそびえる山あいを沿うように走り、景色は幾度も変わり楽しいのですが、
その雄大さに圧倒されて完走できるのか不安になりました。
運よく追い風が吹き、日差しも和らぎ救われた気分。

そして救世主Wさんに再会!
DSCF1205.jpg
先に進んで休んでいたらしく、身延駅あたりの古い町を一緒に走ることができました!

甲府盆地に入るとついに眠気がやってきて、やや脱力気味の走りに。
眠気を飛ばそうと長渕剛を歌ってみたり、口に補給食を入れてみたりしたものの、ことごとく失敗。
思いついたものをいくつか試してみたのですが、イチバン効いたのは“全力疾走”!
DSCF1206.jpg
体力の温存も考えず、1分ほど全力でペダルをまわしてみたら、眠気が無くなり目が覚めました!
PC3(ローソン南アルプス街道店258.1km地点)には18時18分に到着。PCのクローズまで3時間54分。
着いた時には燃え尽きていました(^_^;)

ここでは体勢の立て直しが課題。ここから60km先の諏訪湖をぐるっとまわり、深夜には甲府に戻ってくるので、
気持ちを入れ替えなければダラダラと走り続けてタイムオーバーになりかねないからです。
DSCF1209.jpg
とろろそば、栄養ドリンクで塩分補給、食欲を回復させ、走り出したらしっかりとおにぎりを食べてエネルギーを回復させます。
そしてここで歯磨きと顔洗い。これだけでリフレッシュして走りだせるのです!

暗くなると、考えることは様々。
30日の夜から雨が降るかもしれない、最低気温は13℃の予報だったけど、実際にはどこまで下がるのだろう、
コンビニは営業しているのだろうか、他の人たちはいまどのあたりを走っているのだろう、
どこで休憩すればよいか、ゴールまで走り続けられるのだろうか…

国道20号・甲州街道を走っていると、聞いたことのある地名や宿場町、峠があり、
この道が新宿に繋がっていることを不思議に思ったりします。

もうすぐ茅野だ、諏訪湖だと思い富士見峠に駆け上がったところで、前のほうから奇怪なアナウンスが聞こえてきたのは20時23分ごろ。295.8km地点。
DSCF1214.jpg
最初はお祭りでもやっているのか、それとも何か宣伝をしているのかと思いましたが、耳を澄ませると、
「緊急地震速報―、1分以内に大きな揺れ―、建物から離れ、揺れに警戒して下さい―」という防災放送!
火山が噴火するのか、巨大地震がくるのか、僕がサイクリストの聖域信州に近づくことを山の神が怒っているのか?
40秒前―、30秒前―、20秒前―、という放送が不安を煽ったものの、実際の揺れは信号機がやや揺れた程度。

余震や、この後も何が起きるのだろうと思いましたが、そのまま夜に突入しました!
DSCF1216.jpg
諏訪湖の手前、路上の気温計は21℃を表示。予報通り13℃まで下がるのか!?完走できるのか!?
次回に続きます!
スポンサーサイト

[2015/06/04 00:00] | 未分類
トラックバック:(0) |


Ratfink
後編楽しみにお待ちしております(^^)

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
後編楽しみにお待ちしております(^^)
2015/06/13(Sat) 14:40 | URL  | Ratfink #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。