ブログ壁紙
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ、五十嵐です。

表題の通り“手作りスイーツポタ”を始めました!


事故で入院していた時、退院したらどこへ行こうか、どうすればもっとおもしろい旅ができるか、と考えた末、
「自転車で旅して、手にいれた素材を活かしたものを作る!」
というアイディアにたどり着きました。

いちおうスイーツポタ、としていますが、他のものも作ってみようと思います。


でも、いまあるキャンプの道具でができるのか、そもそも何ができそうなのかもわからないので、料理本を買ってきて勉強から。

砂糖の種類や道具の使い方などから書かれているので、なんでも手作りできそうな気がします!

記念すべき1回目のスイーツポタの舞台は千葉北西エリア。

柏駅をスタート、手賀沼、利根川、利根運河、江戸川のサイクリングロードを結ぶ、80kmコースです。

このあたりは菜の花、河津桜が満開のはず!手賀沼の畔にある道の駅“しょうなん”で材料を調達して、ほどよく走って江戸川の土手で何かを作ってみようと思います‼

スイーツ、といっても手の込んだものを作ったことがないので、まずは簡単に作れるというジャム作りに決定。

小鍋に小さいガスバーナー、ナイフとスプーン、上白糖とジャーを詰めました。

いちごは1パック300g程度らしく、まるごとジャムにするなら100gの砂糖が必要です。でも、半分はそのまま食べてしまうことを見越して50gを持ちました。


昨秋の小湊鉄道サイクリングから一緒に走っているYさんと待ち合わせた柏駅へ。

弱虫ペダルをきっかけにロードバイクに乗り始め、「自走できる範囲で、もっとサイクリングを楽しみたい!」という話を聞いていたことも、スイーツポタを思いついた理由のひとつです。

柏駅の東口を出るとすぐに旧水戸街道が通っていて、柏公園をぬけて大堀川サイクリングロードに出るまで3Kmほど。

手賀沼のサイクリングロードに直結していて、柏駅から30分ほどで道の駅しょうなんに到着。

しかし、トンでもないものを見つけてしまいました。

なんと“かぶソフトクリーム”です!
クリームにかぶのペーストが混ぜてあって、だしの利いたつゆをすすりたくなるようなかぶの甘み…

つい食べてしまい、ジャム作りは無いかも…と思いつつ、いちごを買いました(笑)


我孫子から利根川の土手に出る途中、布施弁天に寄り道。

今年は後厄なので、今更と思いつつ「厄除け」を買いました!

利根川サイクリングロードは菜の花が満開。

新大利根橋から利根運河まで8km、信号も交差点もなく、雄大な流れを満喫できます。

江戸時代に掘られた利根運河はとても深く、まるで谷のように感じます。

7Kmほどですが、運河沿いには割烹や酒蔵があり、舟が往き来した時代の賑わいを感じられます。

江戸川に出ると、また菜の花が満開!

土手一面がおおわれ…咳が止まらなくなりました(汗)どうやら、花粉症を発症したようです。

ジャムを作るなら15時までには始めたいと思っていたものの、昼食も取らずに14時を過ぎ…

流山電鉄の終点、流山駅の近くでスープカレーを食べることにしました!


デザート付きで780円!“替え玉”の中華麺まで食べてしまい、この日のジャム作りはナシになりました(笑)

江戸川を下り、金町を過ぎると菜の花の代わりに河津桜が満開!

いつも電車の窓から見ているのに、自転車で来ると違うもののように思います!

この日は曇り空でしたが、海から吹く風は春らしい暖かさでした。

江戸川河口から見る東京湾はとても広く感じられるのは何故でしょう...


千葉駅まで走って解散しましたが、
このサイクリングの目的はジャム作り!

ということで、自宅に帰って作ってみました!

ほぼ1日、リュックの中で旅を供にしてくれた道具といちごです。

丁寧にへたを切り落としていきます。

できれば大粒のいちごをそのままジャムにしたいのですが、ガスバーナーだと均一に熱が伝わるかわからないので、かき混ぜやすいよう小さく切りました。

砂糖は材料の量(いちごの重さ約150g)の3分の1程度の量を入れるらしく、50g用意しました。

いちごを鍋に入れて火にかけると、5分くらいでグツグツと音を立て始めます。

そのまま待つこと15分。

一度バーナーからおろしてあら熱を取り、再び火にかけて砂糖を投入。

しっかり煮詰め、砂糖が焦げるのではないかと思うところで火を消しました。

氷水のボウルに鍋ごと沈めて冷やしてみると、予想よりもゆるめでしたが、これでよしとします。

ジャーに詰めて完成!

「これをアウトドアでもできるのか…?」という気持ちは残りますが、なんとかカタチに(?)なりました!

スイーツポタ、続けてみようと思います!
スポンサーサイト

[2015/03/21 09:13] | 未分類
トラックバック:(0) |

灰汁取りした(・・?
電チャリヒルクライマー
五十嵐くん
青春してますね
怪我からは完全復帰ですか?
苺ジャム作りポイント
灰汁取り一番です
レモン汁数的落とすのも忘れずに
ビンは湯煎で長持ち


Re: 灰汁取りした(・・?
いがらしゆうき
電チャリヒルクライマー様
コメント、ありがとうございます!
いちごジャム作りでも、アク取りをするのですか…!驚
水に浸してしばらく置くということですか??
今日のジャム作りでは火力調整を意識しましたが、
下ごしらえも考えなければなりませんね。
レモン汁も次回試してみます!

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
灰汁取りした(・・?
五十嵐くん
青春してますね
怪我からは完全復帰ですか?
苺ジャム作りポイント
灰汁取り一番です
レモン汁数的落とすのも忘れずに
ビンは湯煎で長持ち
2015/03/29(Sun) 17:47 | URL  | 電チャリヒルクライマー #pWdjoUZg[ 編集]
Re: 灰汁取りした(・・?
電チャリヒルクライマー様
コメント、ありがとうございます!
いちごジャム作りでも、アク取りをするのですか…!驚
水に浸してしばらく置くということですか??
今日のジャム作りでは火力調整を意識しましたが、
下ごしらえも考えなければなりませんね。
レモン汁も次回試してみます!
2015/04/06(Mon) 22:47 | URL  | いがらしゆうき #nMmM0efI[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。