ブログ壁紙
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ、五十嵐です。

奥会津の旅、後編です!
新潟側から樹海ラインを走破するか、会津田島あたりからぶらぶらするか。

9月10日(水)の朝。
ずいぶん悩んだのですが、新潟県の小出駅を出発することにしました。

雨に降られてしまっても、桧枝岐まで走れば宿と温泉が待っているし、貴重な休日を有意義に過ごすために。
DSC_1775.jpg
上越新幹線は県境のトンネルを抜けると、窓の外の朝に靄がかかっていました。

浦佐駅で在来線に乗り換え、小出駅で降りて9時に出発。
DSC_1784.jpg
空の色も、東京より秋めいていることに気付き、はっとしました。秋がやってきているのです。

小出の商店街を出ると商店はほとんどなく、コンビニも2軒あっただけ。
平日なので途中の土産物屋なども閉まっているかもしれないと思い、おにぎりやチョコレートなどをフロントバックに詰めて樹海ラインへ。
DSCF8701.jpg
枝折峠の下には、奥只見ダム建設のために掘られた全長22kmのトンネル“シルバーライン”があるため、樹海ラインはバイクや観光客の自動車が時々通る程度。大湯温泉を過ぎると、道幅が狭くなり傾斜が一気に増します。

小出の標高は思ったよりも低く、90mほど。このあたりからぐいぐいと登り、わずか10kmほど先の枝折峠は1,075m。
樹海ライン
奥只見湖をまわり、午後には東北地方で最も高い燧ケ岳の山腹、標高1,536mの尾瀬御池を越えなければなりません。

新幹線の車窓からはどんよりとした雲ばかりで、せっせと走って桧枝岐でのんびりするのも良いと思ったのですが、半ば諦めかけていた越後駒ヶ岳まで拝むことができました!
DSCF8706.jpg

九十九折りで標高を稼ぎ、急峻な山肌を長く登り、登り、登り・・・。

DSC_1794.jpg
深い谷の突き当たりで進路を南に変えると、ここまで上ってきた山々を鳥瞰できます。

愛用しているカシオ・プロトレックは、気圧式の高度計が現在地の標高を表示してくれるのですが、
DSC_1801.jpg
プラス・マイナス20m程度の誤差を見込まなければ、峠の標高が表示されても、糠喜びになることも少なくありません。

この日は気圧が安定していたのか、ほぼ正確に高度を表示してくれました。
峠を越えると、奥只見湖が見えてきます。
DSCF8724.jpg
豪雪地の山々から雪解け水を集める只見川。湖は山奥にあるためその姿は入り組んでいますが、国内で五本の指に入る大きさの人造湖です。


船着き場やシルバーラインの出入口がある銀山平には、土産物屋が3軒とキャンプ場がありますが、食事処はなし。
近年の豪雪豪雨をきっかけに、うどんやそばの提供を止めてしまったそうです。

檜枝岐まで食糧が足りるかどうか…と思いきや、クルマでここを訪れる観光客にはサイクリストが珍しいらしく、煎餅にクッキー、コーラを頂き、まるで道端の猿のように餌付けされてしまいました。

フロントバックに入れたクッキーを食べながら東へ。

すてきな名の尾根がありました。
DSC_1802.jpg
こんな山奥で、どんな恋があったのでしょうか・・・?

橋をかければ100mほどで渡れる谷がいくつもあるのですが、そのたびに谷の奥までくまなくまわるため、橋はほとんどありません。走っているうちに湖の中心がどこにあるのか、そもそも今どの谷を走っているのかわからなくなることもあります。

奥只見湖の端まで来ると薄曇りになり、夕方以降は激しい雨が降るという予報を思い出しました。
DSC_1803.jpg
雨が降り始める前に宿に着ければいいなぁと思いながら、景色がいい場所を見つける度に小休憩。
この只見川の向こう側に渡れば福島県です。尾瀬から流れる日本屈指の清流です。

只見川は燧ケ岳の南にある尾瀬へ、樹海ラインは燧ケ岳の北にある御池へ。
DSC_1807.jpg
数年ぶりにクワガタを捕まえました!

肝心の燧ケ岳は雲に隠れてしまい、ほとんど拝むことができず。
しかしながら勾配は増したものの、すでに日が傾きいていたことで汗ばむことなく御池に到着。
DSC_1809.jpg
家族と尾瀬ヶ原を歩いて以来、10年ぶり。また尾瀬を歩きたいな・・・。

寒さを感じつつ標高差500mを一気に駆け下り、桧枝岐に到着。
DSCF8765.jpg
玄関先に出てきた女将さんに「子供の頃泊まりに来たでしょ?」と言い当てられ、驚きました(笑)
食べきれないほどの夕食を出してくれた記憶があります。

荷物をおろして近くの公共浴場へ。
予報通り激しい雨が降りましたが、釣り人や山歩きの人たちからいろいろな話を聞けて満足。

夕食はもちろん、奥会津の郷土料理。
DSCF8782.jpg
そばがき、裁ちそば、岩魚の塩焼き、山椒魚のてんぷら、鹿鍋、岩魚の刺身・・・
相変わらず食べきれないほどのご馳走でもてなしてくれました!

女将さんとご主人が老いたためか、“焼き立て、揚げたて”ではなかったので、もしかすると初めて泊まる方には不満に思うかもしれません。でも、この宿を続けてくれているだけで嬉しかったし、これも民宿らしさだと思えるのです。

朝、雨が降っていたら潔く輪行し、バスで会津田島へ行こうと思っていたのですが、目が覚めるとやはり走りたいという衝動に駆られ・・・
DSC_1811.jpg
部屋から3時間に1本のバスをお見送り。

DSCF8787.jpg
朝食も山菜中心の料理で大満足!

9時過ぎには雨も上がり、ご夫婦に見送られて出発。
DSC_1822.jpg
そばの花が満開、まっ白い絨毯の真ん中を駆け抜けます。

古民家が保存されている大内宿が有名ですが、こちらにも前沢に曲屋の集落が残されているのです。
DSC_1827.jpg

会津高原尾瀬口駅から東武鉄道に乗れば2時間半で北千住まで帰ることがで、どこか古い峠を越えたい。
そこで選んだのは旧中山峠。
DSCF8820.jpg
たかつえスキー場へと通じる道から旧中山峠へと道が分かれるのですが、まるで点在する別荘の入口のように狭く、うっかり見落として違う道をずいぶん登ってしまいました・・・(泣)

父が学生時代に通ったというので、今はどうなっているのか気になっていたのですが、
DSCF8822.jpg
西側は舗装が荒れ、忘れられつつある様子。

ハンドルを取られるようなことは無く、倒木が少ないのでとても走りやすい道でした。
DSCF8823.jpg
以前は峠に茶屋があったそうですが今は跡形もなく、東側は那須のほうまで山々を見渡すことができました!

峠を越えると道が整備されており、会津高原尾瀬口駅まで快走。
DSC_1835.jpg
駅の近くに日帰り温泉“夢の湯”があるのでここをゴールに選んだのですが、なんと月に2日の定休日・・・(泣)

このあたりで日帰り入浴できるのはここだけだったのに・・・。
DSCF8835.jpg
13時半の快速に間に合わせるため、急いで輪行。

もちろんヘッド抜き、アルプス式の輪行です!
DSCF8836.jpg
19時から川口で田村編集長のトークショーがあるため、それに間に合わせるため会津の旅はここまで。
樹海ラインを走破し、10年ぶりに桧枝岐の民宿にも泊まることができ、大満足の旅でした!
スポンサーサイト

[2014/09/16 20:21] | 未分類
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re:
いがらしゆうき
ぱぱ様
コメント、ありがとうございます!
ご無沙汰しております。

非力で汗っかきなので、実はタイヘンでした(笑
ブログ、始められたのですね!ぜひURLをお教えください~!


ぱぱろう
こんばんは!こちらこそご無沙汰です。樹海ラインは秘境っぽい雰囲気でなんかワクワクしてとても楽しいですよね。ワタクシも夏休みに檜枝岐に泊まって温泉につかってのんびり過ごすつもりでしたが、お天気が悪くて果たせませんでした・・。ぱぱ様ってとっても変!?なのでぱぱろうでお願いします!

Re: ぱぱろう様
いがらしゆうき
失礼しました、非公開コメントになっていたのでぱぱ様にしました(汗)
夏真っ盛りだったら銀山平でキャンプ+檜枝岐で一泊もよいかもしれませんね。
高地さんと南郷村の民宿とまとポタも約束しているので、ぜひまたご一緒させてください!


e-taicho
松ぽたのキャンプには、おいでいただきありがとうございました。
自分もこの間の3連休に奥只見樹海ラインを走ってきました。走りごたえのあるルートでした。
秋にまたお越しいただけるとのこと。楽しみにしております。

Re: e-taicho様
いがらしゆうき
コメント、ありがとうございます。
秋も楽しみにしています!!
樹海ラインはまた違う景色を魅せてくれたのではないでしょうか。行ったばかりなのに、もう羨ましく思います(笑)

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/09/17(Wed) 07:17 |   |  #[ 編集]
Re:
ぱぱ様
コメント、ありがとうございます!
ご無沙汰しております。

非力で汗っかきなので、実はタイヘンでした(笑
ブログ、始められたのですね!ぜひURLをお教えください~!
2014/09/17(Wed) 15:33 | URL  | いがらしゆうき #J8TxtOA.[ 編集]
こんばんは!こちらこそご無沙汰です。樹海ラインは秘境っぽい雰囲気でなんかワクワクしてとても楽しいですよね。ワタクシも夏休みに檜枝岐に泊まって温泉につかってのんびり過ごすつもりでしたが、お天気が悪くて果たせませんでした・・。ぱぱ様ってとっても変!?なのでぱぱろうでお願いします!
2014/09/17(Wed) 21:57 | URL  | ぱぱろう #-[ 編集]
Re: ぱぱろう様
失礼しました、非公開コメントになっていたのでぱぱ様にしました(汗)
夏真っ盛りだったら銀山平でキャンプ+檜枝岐で一泊もよいかもしれませんね。
高地さんと南郷村の民宿とまとポタも約束しているので、ぜひまたご一緒させてください!
2014/09/17(Wed) 23:45 | URL  | いがらしゆうき #J8TxtOA.[ 編集]
松ぽたのキャンプには、おいでいただきありがとうございました。
自分もこの間の3連休に奥只見樹海ラインを走ってきました。走りごたえのあるルートでした。
秋にまたお越しいただけるとのこと。楽しみにしております。
2014/09/22(Mon) 22:42 | URL  | e-taicho #7xQkv4CU[ 編集]
Re: e-taicho様
コメント、ありがとうございます。
秋も楽しみにしています!!
樹海ラインはまた違う景色を魅せてくれたのではないでしょうか。行ったばかりなのに、もう羨ましく思います(笑)
2014/09/26(Fri) 22:29 | URL  | いがらしゆうき #J8TxtOA.[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。