ブログ壁紙
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ、五十嵐です。

VIVALO ピストバイクのレストア!完結編です!
DSCF8056.jpg
完成間近になっても、細々とした作業があります。

今はなき極東ペダル・プロエースのキャップが欠損していたので、現在も販売されている三ヶ島ペダルのアルミ製キャップに手を加えます。リューターでMKSのロゴを削り、サンドペーパーで削り、ピカールで磨き…
DSC_1078.jpg
こんな感じ。
プラスチック製のオリジナルより、アルミ製のほうがペダルに似合っているのではないかと思います!

とても手間がかかった天返しステム。
DSCF8059.jpg
ハンドルはかさ張り、保管に困るのですが、このステムを取り付けると闘志が滲み出ています。今も競輪選手の魂が宿っているようです。

そして、フレーム!
DSCF8062.jpg
錆を徹底的に落としたうえで、クリアーを重ねて吹きつけました。
同じような塗料で塗ることはできますが、長年風雪や潮風にさらされた質感を残したいと考えたからです。

なので、アルミ製の部品はキラッと、錆は錆のまま。
DSC_1081.jpg
フレーム全体をコンパウンドで磨いたので、真新しく見えるはずです!

こうして、部品がようやく出揃いました!
DSC_1079.jpg
ランドナー、ロードバイクと比べてもシンプルですが、ひとつひとつの部品にかけた手間を語りつくすことはできません。

タイヤ、ハンドル、サドルを取り付けるだけで自転車らしくなります!
DSCF8 060
意外と、ここからが長かった…

奮発したKMCの超軽量シングルチェーン!
DSCF8064.jpg
酸化防止のため、密封されています!肉抜きもすごい…
VELOTAXIの整備でもシングルスピードのチェーンをいじっていたのですが、明らかに軽い!慎重に、慎重に取り付け…

そしてもっとも手間がかかったのは、ブレーキ。
DSCF8069.jpg
ダイアコンペの丸フォークのピスト用キャリパーブレーキと、ブレーキ使用を考慮して設計されているアラヤR-50…。

よい組み合わせのように聞こえるのですが、なかなかブレーキの性能に満足できず、調整を繰り返しました…。
幅が狭いうえに丸みのあるリム、バンド留めのブレーキと、互いにクセがあります(汗)

こうして、ようやく完成したVIVALOピスト。
DSC_1085.jpg
当初の完成予定よりも大幅に送れましたが、5月上旬から試運転を開始!

スターメーのキックバックシフトの調子を確かめたり、天返しステムでハンドルをひっくり返して乗ってみたり…
DSC_1128.jpg
とっても快適です!!!

…しかし!
自宅に帰るとほかの自転車たちで僕の部屋は満員御礼…。

VIVALOピストを置ける余裕は既になく、やむを得ず彼は旅立つことに。
DSC_1180.jpg
実は、レストアの途中でピストバイクに乗りたいという友人がいたので、バーテープやチェーンなど、パーツチョイスを依頼し、代わりにVIVALOを預かってもらえるように頼んでおいたのです!

そしてつい先日、VIVALOを納車しました!
DSC_1190.jpg
オモシロい自転車だと思いますので、楽しんでください~
スポンサーサイト

[2014/06/04 00:59] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。