ブログ壁紙
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ、五十嵐です。

VIVALOピストバイクのレストア、第二話です…

パイプユニッシュを使ってアルマイトの剥離に挑戦…。

パイプユニッシュに二晩漬け置きして最も大きく変化が表れたのは日東の天返しステム。
DSC_0902.jpg
表面が真っ黒くなりました…!!!

ハンドリューターの真鍮ブラシで黒い皮膜を落とし、♯800~♯1200のサンドペーパーでゴシゴシ…。
DSC_0904.jpg
どのタイミングでサンドペーパーの細かさを上げればよいのか試行錯誤。

悩んだ末、「ピカールでひたすら磨けばなんとかなる!」という結論(笑)
<DSC_0903.jpg
細かいキズは残りましたが、まるでメッキのような輝き!


ステムで磨きのコツを掴み、続いてFハブ。シマノのジュラエース!
DSC_0924.jpg
スポークホールの間や、わずかな窪みの部分にアルマイトが厚い部分があり、ハンドリューターには何度も助けられました。1本400円ちかい真鍮ブラシを大量消費しましたが…(汗)

ピッカピカ…?
DSCF7929.jpg
これぐらいにしておかないと自転車が完成しないので、今回はこれで好しとします!

他の部品も並行して整備。ペダルは今は無き(僕が生まれる前に無き?)極東プロエース!
DSC_1078~2
プラスチック製のキャップが損傷・欠落していたので、ライバル三ヶ島のアルミ製キャップのMKSロゴを削り落して使用。

そうそう、有明の革貼りサドルは、水洗い(入浴時に湯洗い)しました!
DSCF7920.jpg
いい湯加減?湯洗いが正解だったのか、結果はこれからわかると思います!

ここで、パーツチョイスの話。

ピストバイクのノーブレーキが問題になっていますよね。譲り受けた時、Fリムはアラヤ・ゴールド、Rリムはスーパーチャンピオンでしたが、どちらもブレーキを使用できる設計ではありません。

そこで悩んだ結果、Rハブにコースターブレーキを採用、リムにブレーキシューを擦りつけないことでRリムはアラヤ・ゴールドを使用、
Fリムはゴールドからワンランク落とし、公道練習用のアラヤ・R-50を採用しました。R‐50はブレーキの使用を前提に設計されているからです。しかし、ここで問題が1つ。

R-50は現在、カラーがブラックのみ! 「練習時に見分けがつくように」と言われていますが、今回は妥協できません!!

そこで今回は中古市場を探し回り、すでに生産されていないシルバーのR-50を入手!
道路交通法と、シルバーへのこだわりを両立させることができました!

某中古部品販売会社の友人のおかげです(笑)

ロゴやバルブホールなどの位置を合わせて、ホイールを手組み。
DSCF7931.jpg
リムをワンランク落としたのに、それでも本当に軽い!!!

そして、人生初のチューブラータイヤ。
DSC_1063.jpg
専用の両面テープをリムに貼り、ケルビムの廣田さんに教えていただいた方法で取り付け。

タイヤはヴィットリア・ストラーダ。
DSC_1062.jpg
タイヤを履かせてもホイールはまだまだ軽い!

リアは安全性と実用性を踏まえて、スターメー・アーチャーのS2Cを選びました!
DSC_0241.jpg
コースターブレーキが内蔵されているので、ペダルをやや後ろに長く引くとブレーキがかかります。制動力は抜群。
そしてS2Cのもう一つの機能は、キックバックシフト!説明しにくいのですが、ペダルをキュッと後ろに戻すと、2speedのローorトップに変速できるのです!

しかし、問題がひとつ…
DSCF7941.jpg
S2Cは重さが1,200gもあるのです(涙)
スポンサーサイト

[2014/05/14 23:39] | 未分類
トラックバック:(0) |

おぉ
やっぱりSW
S2Cはバック踏むつもりでいると簡単にロックしてチューブラーのトレッドが直ぐになくなっちゃうから、完成後はS2Cへの慣れが第一でしょうね~。そのうちにソーヨーのシームレスお試し下さい。次元がちがうよ~!!


ミウラSV
いろいろと楽しんでますね!
磨きでペーパーの番手を上げるときは、前の番手(つまり粗い番手)の跡が消えるまで磨くのが一つの目安です。なので、粗い番手やワイヤーブラシであまりガシガシやりすぎると、細かい番手では取りきれない傷がついてしまうので要注意ですね。
そんな時は元の番手からやり直しするしかないです。(汗
ピストの組み立て、楽しんでくださいね。

Re: おぉ
いがらしゆうき
やっぱりSW様
コメント、ありがとうございます!
乗って楽しい自転車なのに、変速、ブレーキをかける方法が理解されにくく、友人にも貸せず残念です(笑)
操作よりもタイヤの減りを気にしてしまいますし(^_^;)

Re: Re: ミウラSV様
いがらしゆうき
ミウラSV様
コメント、ありがとうございます!
サンドペーパー、奥が深いですね。久しぶりに中学技術教科書を読み直しました。
もう少し練習してみます!!

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
おぉ
S2Cはバック踏むつもりでいると簡単にロックしてチューブラーのトレッドが直ぐになくなっちゃうから、完成後はS2Cへの慣れが第一でしょうね~。そのうちにソーヨーのシームレスお試し下さい。次元がちがうよ~!!
2014/05/15(Thu) 00:52 | URL  | やっぱりSW #MgXvyZ2Y[ 編集]
いろいろと楽しんでますね!
磨きでペーパーの番手を上げるときは、前の番手(つまり粗い番手)の跡が消えるまで磨くのが一つの目安です。なので、粗い番手やワイヤーブラシであまりガシガシやりすぎると、細かい番手では取りきれない傷がついてしまうので要注意ですね。
そんな時は元の番手からやり直しするしかないです。(汗
ピストの組み立て、楽しんでくださいね。
2014/05/15(Thu) 20:55 | URL  | ミウラSV #KVMYDxEk[ 編集]
Re: おぉ
やっぱりSW様
コメント、ありがとうございます!
乗って楽しい自転車なのに、変速、ブレーキをかける方法が理解されにくく、友人にも貸せず残念です(笑)
操作よりもタイヤの減りを気にしてしまいますし(^_^;)
2014/05/20(Tue) 00:40 | URL  | いがらしゆうき #-[ 編集]
Re: Re: ミウラSV様
ミウラSV様
コメント、ありがとうございます!
サンドペーパー、奥が深いですね。久しぶりに中学技術教科書を読み直しました。
もう少し練習してみます!!
2014/05/20(Tue) 00:49 | URL  | いがらしゆうき #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。