ブログ壁紙
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ、五十嵐です。

4月27日は群馬県のFCycleの御荷鉾スーパー林道オフに参加しました!

始発の新幹線に乗り、一路高崎へ。

学生時代には無かった贅沢!

集合時間が決まっていますからね!!
今回は「シクロツーリスト」(ひびき出版)の編集顧問Tさん主幹のFCYCLEのイベントです。

無 題

上毛電鉄の下仁田駅に8時半に集合、十国峠、志賀坂峠の北側にある、御荷鉾スーパー林道の完走が目標です!

高崎駅でメンバーの皆さんに合流…


高崎駅では上毛新聞の号外が配布されていました!

下仁田駅でランドナーを組み立て、出発。

南牧村(標高370m)のあたりは山桜が満開。
色彩の豊かな山村の景色、素晴らしい。

御荷鉾スーパー林道に入ると、人家どころか、水を補給できる場所も一切なし!
下仁田駅には小さな商店しか無く、高崎駅で食料を調達しておいて正解でした。

無塗装のケルビムツーリング+サンツアー・シュパーブプロで上州の未舗装林道を駆けるTさん。

数年前に大崩落した御荷鉾スーパー林道の復活を、誰よりも熱望していたそうです!

以前は“関東地方最長の未舗装林道”だったそうですが、現在は一部で舗装が進んでいます。


「壊れたドッパーはどうしたの?」

そう、先日不注意でユーレーの変速機ドッパーを破損してしまい、今回は母のシマノ600を寸借。

しかし、ショートアームなのでやむを得ずインナー26Tを封印し、使えるのチェーンリングはミドル46T、アウター48Tだけ!
未舗装路では斜度10%以上になるとスリップしてばかりでした…。

Tさんは「遠慮せず先に行って」と優しく言いながら、サンツアーVSユーレーの勝負を仕掛け、

塩之沢峠(標高1,120m)では、Tさん、Pさんに完敗してしまいました(汗)

「前日に雨が降れば遠くの山まで見えたのになぁ…」そんな会話をしながらお昼ごはん。

霞みの向こうに草津白根山、浅間山、妙義山と秩父武甲山まで見渡せました。

「この先の八倉峠でネ、もう復旧しないと思わせる大崩落があったんだよ」というTさん。

崩落による通行止めは不便で致し方ないことなのですが、そこを再び開通したと聞けば誰しも心躍るはず。
崩落は林道に箔を付けるようです(笑)

崩落の大きさには驚きました…!

幅数百メートル、「自転車を担いで行けば…」なんて長さではありません!


上州の急峻な地形は、崩落を繰り返して形成されたのですね。

杖植峠(標高1,470m)はゆるやかにアップダウンがあり、

たぶんこのあたり(笑)

ノートンツーリングのTさんとPさん。

峠を越えた後もしばらく稜線に沿って進み、見ごろの山ツツジを観ることができました!

藤岡の神流湖まで、未舗装路を下ること2時間!

高崎線新町駅まで駆け下り、快速で帰宅致しました!
スポンサーサイト

[2014/04/29 22:31] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。