ブログ壁紙
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ、五十嵐です。

一週間ほどの瀬戸内キャンプツーリングを終え、東京に戻るつもりだったのですが、京都で途中下車…。

なぜなら、京都のベテランサイクリスト・北山さんからサイクリングのお誘いをいただいたのです!!

京都駅で待ち合わせ、国際会館駅からスタート。写真は叡山鉄道の終点、叡山口駅。


大原という集落から、江文峠を目指します!

京都からそれほど離れていないのに雪が舞う天気。北山しぐれというそうです!

江文峠へ…

もちろん、古い道で峠へ。

乗り、担ぎ、乗り、担ぎ、担ぎ…

それなりに山歩きの経験かあるからイケるだろう、というのは考えが甘すぎました…。

次の峠を目指す前に、貴船神社へ。


ここ数日グルメツアーを展開したために胃が大きくなり、ここでもうまいもんを探してしまい、

貴船口駅で杤の実まんじゅうをパクリ。



昼食は鞍馬で、

蕎麦のほかに葉とうがらし、しば漬けおにぎりをパクリ。食後のわらび餅で呆れられてしまいました(苦笑)

さて、次の峠へ…!

このあたりは京都から気軽に来られる峠が多く、サイクリストをよく見かけます。

目指すは持越峠!

このあたりから道端には雪が残っており、山奥にいるのだと感じさせられます


短い距離でぐいっと標高が増すので、

眼下には今先ほど通りすぎた集落を見ることができます。

また人里が近くなると、

床柱に重宝される、北山杉の工場があちこちに。どれも見事です!

しばらく下り、再び京見峠を目指して登り始めます。

もちろん、旧道古道で(笑)

地蔵様がいるとこれが道なのだと感じ、

古に旅人にとって心強い存在であったのだろうと思いを馳せたり。

森を抜けて京見峠に近い、氷室地区に到着。

手前あたりに氷室があったそうです。
ここで保管されていた氷はどんな人たちが使ったんだろう…。

そうそう、今日はフロントバックに忍ばせていたガソリンストーブでお茶をいれてみました。

峠で美味しい牛若餅をいただいてしまいました!

陽が傾きはじめたころに京見峠に到着。

ようやく京都北山の山サイデビューすることができました!

そうそう、京都北山のシメに…

京都屈指の激坂、長坂にも挑戦!
斜度21%、全長300mに牙を剥いた猛烈なクライミングを自撮り写真で披露できないのは残念でなりません(笑)


帰りにはヴィゴーレさんに寄り道。

楽しみすぎて写真を撮り忘れてしまったのですが、マビックの電動変速機はしっかりおさえていました(笑)




北山さんに今日イチバンの思い出を尋ねると…これだそうです!

…!?


たしかに、

撮っていましたね(笑)

と、言っている僕も、鉄道むすめにハマりつつあり、帰りの電車の中では鉄むすの話を真剣に聞いてしまっていたり(汗)


北山様
今日はとても楽しい旅にご同行させていただき、ありがとうございました!!
スポンサーサイト

[2014/02/23 19:00] | 未分類
トラックバック:(0) |


北山広
土曜日はお疲れ様でした。
京都でも一番天候の厳しい時期に北山の峠とは、本当に奇特ですね(笑)
今回は北山の峠越えの入門編、次回は暖かい時期にもっと奥の峠に行きましょう。
ああ、山サイ対決でもいいですよ(笑)


Re:
いがらしゆうき
北山広様

コメント、ありがとうございます。
耐寒冷地装備で、さらに奥にも行ってみたいと思っています…危篤です。
対決までもう少しお時間をください(汗)

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
土曜日はお疲れ様でした。
京都でも一番天候の厳しい時期に北山の峠とは、本当に奇特ですね(笑)
今回は北山の峠越えの入門編、次回は暖かい時期にもっと奥の峠に行きましょう。
ああ、山サイ対決でもいいですよ(笑)
2014/02/24(Mon) 19:40 | URL  | 北山広 #Sts9A5QI[ 編集]
Re:
北山広様

コメント、ありがとうございます。
耐寒冷地装備で、さらに奥にも行ってみたいと思っています…危篤です。
対決までもう少しお時間をください(汗)
2014/02/28(Fri) 17:21 | URL  | いがらしゆうき #J8TxtOA.[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。