ブログ壁紙
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ、五十嵐です。

春休みが残りわずかになったにも関わらず、ブログの更新がままならないほど昼夜逆転の生活が続いていたのですが…

今日は残りの青春18きっぷを使い、後輩の女の子と現実逃避のサイクリングを楽しんできました☆

群馬県にあるJR信越線の横川駅で降り、長野県堺にある碓氷峠を越えて軽井沢へ。

有名な駅弁「峠の釜めし」を購入して、10時に横川駅を出発!

碓氷峠は古くから急勾配が続く難所とされ、長野新幹線の開業にともない廃止されたJR信越本線の横川~軽井沢間には多くの構造物が遺されています。

国指定重要文化財の丸山変電所。初めて来たときには屋根が落ち、ガラスが割れて寂れていたのですが、修復されたようですね。

さてさて、噴き出す汗を拭いながら2つの釜めしをフロントバックに積めて坂を登ってきた理由は…

どうしてもめがね橋を観ながら釜めしを食べたかったからです☆

「現役女子大生と峠越えデートできるなんて幸せだなぁ」
なんて言われてしまいそうですが、僕は優越感よりも重いギア比で碓氷峠を猛進する彼女の後ろを走る劣等感を始終味わったのです(笑)

「五十嵐さん汗だくじゃないっすか」
うるさい!釜が重いんだよ釜が!!

600mの標高差がある碓氷峠を越えると、雪の残る浅間山が僕を慰めてくれました!

さてさてここから!14時に軽井沢駅に着いてしまったので、もうひとつ峠を越えます。

和美峠です!妙義山、荒船山といった荒々しい山々がある上毛地域らしい景色が見渡せるのですが、なんと軽井沢と和美峠の標高差は20mしかありません!よかったぁ!

で、25km先にある群馬県の下仁田駅を目指して延々と坂を下ったのですが、

ねえさんもようやく疲れたようです(笑)ま、それでも下り続ければいいんですけどね。

本宿という古い宿場町で大福や桜饅頭を食べて、深い谷間を進みます。

13日は200kmのブルべに参戦する相棒は余裕の表情?といったところ。まぁ50kmしか走っていないもんね。

日没直前まで走り、下仁田よりも高崎に近い神農原駅まで走りました☆
スポンサーサイト

[2013/04/09 21:46] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。