ブログ壁紙
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ、五十嵐です。

6日は高知市の桂浜に行ってきました。

大河ドラマ「龍馬伝」の影響もあり、平日ながら土産物屋も活気があるように感じました。

高知はとても暖かく、Tシャツでも汗ばむほどの気温。

そりゃあ菜の花も満開です☆

駅前も南国のような景色です。

ところで高知駅前を走っていて気になったのは、クロス、ロード、BMXバイクの多さ。
軽快車とスポーツバイクの比率が半々ちかくなのでは、と思うほど。
男子高校生は軽快車のほうが少なく、女子高生は半分以上クロスバイク。中にはBMXも数人いました。

なんなのでしょうか!?!?


ここから室戸岬を目指すわけでもなく、
四国縦断をするのでもなく、
僕らは輪行で四国中央部の阿波池田を目指します。

大歩危、吉野川沿いも見どころはあると思いますが、根は鉄なので土讃線にも乗ってみたかったのです!

輪行します!!

五十嵐の相棒はトーエイのランドナー。
フェンダーはフランス製のビンテージ品なので分割もできません。
さらにマファックのブレーキレバーを使用し、ブレーキケーブルの内臓工作を採用したことからハンドルをはずすこともできません。
そこでいつも長谷川式輪行袋を使用しています。

まずはペダルをはずし(ブレーキが利くうちに)、チドリからブレーキのアーチケーブルを取り外した後、右側のトップチューブ、シートチューブ、シートステーの集合部分を念入りに保護します。

次に重要なこと。

左クランクをトゥクリップなどでチェーンステーに固定します。
長谷川式輪行袋は後輪を輪行袋から出して手押しできるのですが、間違えてタイヤを逆回転させるとクランクなどが連動して思わぬキズの原因になるのです。
ここを固定すれば逆回転することはなく、手押しも片手でできるほど安定します。

あとはフォーク左を、右シートステーにくくりつければ完成。


乗車、乗船するまでこの状態で手押しします。
サドルが垂直になるように立てれば、かなりラクです。


土讃線は絶景をひたすら登り、ひたすら降り、ジェットコースターのような路線でした。

阿波池田から猪ノ鼻峠を越え、善通寺市のネットカフェに投宿しました。


そして今朝はコインランドリーで洗濯している間に、金毘羅宮へ。

関東のみなさん、“キンピラ”じゃないですよ!!

海の神様が祀られており(たしか)のですが、よほど階段が好きな神様のようです。

本殿まで約200mの標高差を階段で登ります。

本殿横には海洋冒険家 堀江謙一さんのソーラーヨットなども納められています。

自衛艦、タグボート、漁船、帆船、豪華客船、タンカー、サルベージ船、船舶用エンジンの写真もありました。
関西屈指の信仰が厚い神社のようです。

そしてその後は、
讃岐うどんの店巡礼(笑)





善通寺の山下うどん、坂出のむさしなど、立て続けに3軒をハシゴしました。
どれもこのボリュームで600円以下!!

うどん県万歳!


そういえば高松駅に寄ってみると、様々な出会いがありました!

右は4月3日に高知西端の宿毛港で出会ったH君。4日ぶりに偶然再会しました!
ほぼ同じルートですが、阿波池田から徳島周りで高松まで来たそうです!

その隣は淡路島からバスで四国入りしたばかりの旅人。H君と一緒に高松駅まで来そうです。

そして三人組は、

新潟大学自転車競技部!
やはり強者っぽい装備でした☆



その後、徳島まで走るつもりだったのですが、

高松港から神戸行きのフェリーに乗ってしまいました!
(ソファーの柄までうどん!!)

そしてスナック菓子まで!

さぬきうどんチップス!!笑
出汁葱チップス、といったお味でした。
スポンサーサイト

[2013/03/08 02:37] | 旅・メッセージ
トラックバック:(0) |


新潟大学自転車競技部 富川雄己
先日は色々と楽しいお話ありがとうございました!

一応自転車競技選手の端くれとして活動はしていますが、中・高校生の頃夢に見ていたTOEIのランドナーに乗せていただき、やはりランドナーは最高で、その最高の自転車に乗って旅行をしたいと久々に思いました(競技よりツーリングの方がやりたいかも…とチラッと思ったり、思わなかったり笑)。

どうやら五十嵐さんと我々はかなり似た経路を辿っていたようで、しかも同じ日に同じネットカフェに泊まったようです。ということはまた旅をしている最中にお会いすることもあるかもしれません。そのときは今回よりもっと様々なお話を聞ければ!と思います。

ありがとうございました!

富川雄己 様
いがらしゆうき
コメント、ありがとうございます。

こちらこそお時間をいただき、ありがとうございました。僕はレースにでたことがほとんどないので、経験が幅広い富川さんが羨ましく思います。

またどこかでお会いできると嬉しいです。よろしくお願いします。

五十嵐

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
先日は色々と楽しいお話ありがとうございました!

一応自転車競技選手の端くれとして活動はしていますが、中・高校生の頃夢に見ていたTOEIのランドナーに乗せていただき、やはりランドナーは最高で、その最高の自転車に乗って旅行をしたいと久々に思いました(競技よりツーリングの方がやりたいかも…とチラッと思ったり、思わなかったり笑)。

どうやら五十嵐さんと我々はかなり似た経路を辿っていたようで、しかも同じ日に同じネットカフェに泊まったようです。ということはまた旅をしている最中にお会いすることもあるかもしれません。そのときは今回よりもっと様々なお話を聞ければ!と思います。

ありがとうございました!
2013/03/09(Sat) 00:48 | URL  | 新潟大学自転車競技部 富川雄己 #-[ 編集]
富川雄己 様
コメント、ありがとうございます。

こちらこそお時間をいただき、ありがとうございました。僕はレースにでたことがほとんどないので、経験が幅広い富川さんが羨ましく思います。

またどこかでお会いできると嬉しいです。よろしくお願いします。

五十嵐
2013/03/12(Tue) 18:39 | URL  | いがらしゆうき #7yu2AX4I[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。