ブログ壁紙
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎年恒例、松本ぽたりんぐクラブのとんかつぽたに参加しました。

「貴重な休日の時間を余すことなく、目一杯走りたい・・・」
そこで前日20時に退勤した後、23時新宿発の夜行バスに乗り込み、とんかつぽた当日午前5時に屋代到着、集合時刻午前9時半までに猿ヶ馬場峠を越えるサイクリングを楽しもう・・・

そう考えていたのですが、残業で夜行バスの乗車を断念。

当日朝、素直に松本入りしました。



集合場所の平瀬緑地に集まった自転車は実に多種多様…。
ロードバイクやランドナー、ミニベロのほか、とんかつを食べに行くには大げさと思われるサス付きMTB…。

松ぽた代表iさんが奇想天外なコースを練り、現場でも寄り道を織り込むのだろうと予感しました。


安曇野自転車道をたどり穂高神社を目指して走ります。

途中の公園で小休止。

自転車乗り比べが始まったのですが、注目を集めたのは2台のリカンベント。

クランクとチェーンリングが連結され、足踏みするようにペダルをまわす不思議な構造。

「ペダルをまわすのではなく、足踏みする・・・」
足踏みを理解し、スピードに乗れば安定感もあり、ラクに進むようです!


穂高神社に参拝・・・


そして恒例 勝味庵さんへ!

勝味庵定食を注文。おしながきだけを見ていたのですが、刺身も付いて大満足!
松ぽた幹事のe隊長から季刊誌(?)“cycle tourist”をいただきました(顔)

午後の早いうちにとんかつぽたは解散・・・
で す が !

ここから午後の部が始まりました(^^)
僕は決して「この程度では走り足りない・・・」なんて顔に出したつもりはなかったのですが、
鋭くもそう察したe隊長が長峰山へと誘って下さったのです。

梓川を渡り、安曇野の際を走るJR篠ノ井線をくぐるとすぐに登り勾配へ突入。

山頂へゆく道に入ると、松ぽたイベント初参加の同僚i君、僕が勝手にライバル視している、同い年にして松ぽたのエースhくん、PBPに参加したwさんがグイグイと登り始めました。
半分あたりまで先に上って、全員が集まるまで休憩を入れてみたりしたのですが・・・戦意があることは確かな様子。

しかも後半戦になるとwさんが先頭を走り、平成生まれの3人が後を追う構図になりました!
・・・たぶん40分ほどで長峰山の山頂に到着。


展望台のまわりは見晴らしが良く、ハングライダーの滑空台もあり・・・


駆け降りてみると安曇野を一望することができました!


ライバルhくんは後半戦、wさんと僕に追い付くため、ヘアピンカーブしている沢から自転車を担ぎ歩いてショートカットしたとのこと・・・!
「それでも追い付かなかった」と言ってくれましたが、松本のエースは手段を選ばず、手強い・・・(^^;


Klean Kanteenのステンレスボトルが左クランクを支えるのにちょうどいい高さ・・・
風が吹く度に悲鳴をあげたくなるようなスタント撮影です!

日も傾き始める時刻・・・そろそろ山を下りて解散・・・しません(笑)

長峰山の山頂から、南(松本方面)に向かって林道長峰線を走ろうというのです!

路面は未舗装&ぬかるみ。ロード、ミニベロの参加者も居るのこともお構いナシ!

「えぇ~」と言いながら、何喰わぬ顔で山をおりて行きます・・・!



一部コンクリートが敷かれている箇所もありましたが、大半は落ち葉の下にぬかるみが隠れているという状況・・・


それでも脱落者ナシ、舗装路よりも元気になっているから不思議なものです!


17時に平瀬緑地に到着。

お疲れさまでした(^^)
スポンサーサイト

[2015/12/07 12:29] | 未分類
トラックバック:(0) |


宮武 智
Klean Kanteen
初めて名前を知りました。
27ozボトルですか?
宜しければ教えてください。
物欲に火が…

Re:
奇特男子
宮武さま
返信、遅くなりました(^^;)27ozのボトルです!

コメント:を閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。