ブログ壁紙
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ、五十嵐です。

先日、多摩川の関戸橋で開催された“関戸橋フリーマーケット”に行ってきました!


ヴィンテージパーツの放つオーラに魅了されていますが、実際手を出すことは出来ず、買ったパーツは修理に必要なダイアコンペのアーチワイヤーのみ!

センタープルブレーキ用ではなく、カンチブレーキ用の両タイコアーチワイヤーです。

プロショップも個人も出店していて、ジャージあり、書籍あり…

航空機雑誌のみを扱うお店もあり!

そこで偶然見つけてしまったのが、ドイツのロケット戦闘機メッサーシュミット Me163の雑誌です!

1冊100円で販売されていたので即購入!
店主さんが「若いのに珍しいねぇ…」とおっしゃるので、
「地元が柏なので…」と打ち明けると、
500円の本をサービスで付けてくれました!
Me163を知っている人でなければわからないだろうと思います(汗)
詳しいことは、ブログ後半で…!

サイクリストの方々、後輩たちと会うこともできて楽しむことが出来ました!




4月23日は友人たち4人で「箱根峠を走りに行こう!」と決まっていたのですが、
うち2人が風邪でダウン。(お大事に!)

大宮に住むI君と僕だけになり、箱根は見送りが決定。
秩父にかき氷を食べに行こう、という案も出たのですが、これも諸事情で頓挫。
そこで柏か、近辺でポタをしようとなったのです!

そこで今回、大宮から東武アーバンパークライン(野田線)で輪行してくるI君と江戸川台駅で合流、
柏の葉公園を経由して手賀沼までというコースを作りました!
0423 前半
戦時中、柏の葉公園のあたりには陸軍柏飛行場があったのですが、
実はここでMe163を(ほぼ)複製した日本軍の局地ロケット戦闘機“秋水”の研究、開発が行われていたのです!

江戸川台駅から東京大学柏の葉キャンパスまで、わずか15分ほど。
DSCF0807.jpg
ここから南南東向きに1,500mの滑走路があったとのこと。

秋水は試作で終わりましたが、設計上は最高速度800km/h、高度10,000mまで3分で到達、
大型爆撃機を迎撃するために開発が進められていたそうです。
開発が成功していれば…と思うと、何故か胸が熱くなります!

中学生の時につくばエクスプレスが開通し、この10年で柏の葉は大きく様変わりしました。
広大なゴルフ場だった場所に鉄道が通り、ららぽーと柏の葉ができて、高層マンションが立ち並び…、
しかし国道16号線を渡ったところにある柏公設市場は変わらず賑わっています!

市場のなかには小売店も立ち並び、食堂などもあり、柏にいながら津々浦々の海鮮を味わえるのです!
DSC_1132.jpg
刺身に小鉢二つがついて1,000円!大きなぼたんえびが付いて、ごはん大盛り無料で大満足!

市場を出て10分ほど走ると閑静な住宅街があるのですが、そのド真ん中にコンクリート製の遺構があります。
DSCF0819.jpg
秋水の燃料基地が5か所ほど残されているのです。

谷沿いの斜面に奥行き10mほどの壕を掘り、燃料となる劇物を保管していたそうです。
DSCF0829.jpg
私が小学生の時には中に入れる壕もあったのですが、斜面も宅地として開発が進み年々減っています。
戦争を忘れないためにも、ぜひ残してほしいものです!

またまた走ること10分…。重要文化財に指定されている旧吉田邸です。
DSC_0884.jpg
自宅のすぐ近くなのですが、桜の季節には花見を楽しめます!

醤油で財を成し、武家も迎えられるように建てられた母屋を見学。
DSC_11372.jpg
ガイドの方が丁寧に説明してくれて、柏の魅力を再発見できました!

ここから自宅でスイーツポタの道具を持ち、手賀沼へ…。
ゆるいポタリング、次回へ続きます!
スポンサーサイト

[2015/04/29 22:13] | 未分類
トラックバック:(0) |
こんにちわ、五十嵐です。

自宅近くの桜はいつの間にか満開になり、あっという間に散りはじめてしまいました。
DSC_0997.jpg
今日はフロントバックにバーナー、ナイフなどを詰めて出発!スイーツポタリングの2回目です!

前回は柏駅から手賀沼、利根川、江戸川…と、80kmものコースを作ってしまい、何も作れずに終わってしまったので、
今回は“自宅から、手賀沼のほとりにある道の駅を往復するだけ”というシンプルなコースにしました。
0406.jpg
ルートラボで距離を調べてみるとわずか17km。「往復で1時間くらいかな」と思ってしまいますが、どうなることやら。

常磐線のガード下をくぐり、北柏駅のあたりから大堀川へ。
すぐに手賀沼に出ることができて、幅の広いサイクリングロードを快走。
DSC_1004.jpg
野鳥観察のモダンな東屋(?)があちこちにあり、今日はここのベンチで苺ジャム作りに挑戦しようと思います!

船取線(船橋取手線)手賀大橋を渡り、スーパーマーケットでバケットと、生クリーム、ごぼうサラダを購入。
ジャムとホイップクリームは自宅でも作ったことがあるので、なんとかなるはず…です。

このあたりで「しょうなん」というと、湘南ではなく旧沼南町を指します。今は柏市に合併されてしまいましたが、
ジャム作りの材料を調達する道の駅しょうなんがその名残りです。
DSC_1005.jpg
昨年完走した600kmのブルベではここがスタート&ゴールでしたが、普段は新鮮な野菜目当てに直売所を利用しています!

柏産の苺(とちおとめ)をゲットして、先ほどの東屋へ。バーナーとコッフェル、ナイフ…まな板を忘れてしまいましたが、
へた取りしか使わないので問題なし!
DSC_1007.jpg
フランス・オピネルのナイフで苺のへた取り。これだけでアウトドア気分が盛り上がります!

コッフェルを火にかけると苺が焦げそうになりますが、すぐに甘い香りと汁が出てきて煮え始めます。
DSC_1012.jpg

15分ほど煮詰めたところで、上白糖を50gほど加えました。
DSC_1017.jpg
焦げてしまうのではないかと心配になりましたが、苺の汁に溶けて広がりました。


15分ほど煮詰める間に、もうひとつ!ホイップクリーム作りです!
DSC_1015.jpg
カップに生クリーム半分を入れ、…砂糖を加えるつもりだったのに、すべてジャム作りに使ってしましました(汗)

「ハンドミキサーも、泡立て器もないのに…?」と思われるかもしれませんが、秘密兵器があるのです!

カフェラテ用電池式クリーマーです!これなら携行もラクで、電源も不要です!

自宅で試作した時には1分半ほどでパンケーキに添える程度の量のホイップクリームを作るができたのですが…
DSC_1018.jpg
砂糖を入れなかったからなのか、温くなってしまったからなのか、固形物が液体と分離してしまい、チーズのようなものができてしまいました。

沸かしたお湯でインスタントコーヒーを淹れ、ジャムのビンを湯煎。ジャムが長持ちするそうです。前回、コメントで教えていただきました!
DSC_1022.jpg

スイーツ、というにはほど遠いですが、収穫あり、反省ありのランチです!
DSC_1026.jpg
ホイップクリームというより、ボソボソのポテトサラダのような食感は、次回は何とかしたいです。。。

ジャムを混ぜてごまかしてみました(笑)
DSC_1027.jpg
砂糖を加えず、生クリームをかき混ぜてできる固形物の名称をご存じの方がいればお教え願いますm(ーー);m

DSC_1033.jpg
スイーツポタ、まだまだ続きます!

[2015/04/07 01:45] | 未分類
トラックバック:(0) |


kai
ランドナーでブルベに出たいと思っていますが、初心者のためnetで情報収集しているだけのkaiと申します。
ブログいつも拝見しています。
事故の報告に心配をしていましたが、もう400キロ完走なんてスゴイですね!

さて生クリームをかき混ぜてできた固形物は「バター」です。
生クリームをうまくホイップするには7℃以下で撹拌する必要があるようですよ。



kai様
いがらしゆうき
kai様

初めまして!コメントありがとうございます。

「いつも通り走れるだろう」と思っていたのですが、散々でした(^_^;)
やはり1ヶ月のブランクは大きく、ほかの自転車に乗っても感覚が鈍っていると感じます。
それでも完走出来た理由は、「慣れている自転車(私の場合はランドナー)だったから」だと思います。
もちろんWレバーの操作は労力を必要としますが、シフティングは一瞬のこと。ランドナーがkai様にとって乗り続け、漕ぎ続けられる自転車なら絶対に完走できます!

なるほど!笑 なんとなくバターっぽい味だと思っていたのですが、バターだったんですね!
7℃以下となると、ツーリングではかなり難しくなりますね、やりがいがある!
今後ともよろしくお願い致します!

コメント:を閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。