ブログ壁紙
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ、五十嵐です。

OUCCで制作しているツーリングバイク弐号機が完成しました!



ケルビム・ランドナーフレームに、メカはティアグラを使用。タイヤはグランボア。「フェンダー(泥除け)を取り付ければランドナー」ですが、学生ゆえの事情によりフェンダーの取り付けは次に見送り。
ランドナー…ではなく、ツーリングバイクと呼びましょう。

昨日はツーリングバイクが完成したばかりのI君とJR烏山線で輪行し、南阿武隈へ。

新宿から3時間でキハ40に乗れるなんて!ローカル線バンザイ!

車内はボックスシートをロングシートに、トイレも撤去された都市近郊通勤型ですが、旅気分を存分に味わえます。しかもマニアには嬉しいあんな車両も…(笑)


ローカル線沿いを走ると、踏切を渡るだけでも楽しくなりますね

清流・那珂川を渡り、八溝山の南麓を東へ。


地図をみてもコレといった観光資源の乏しい地域…でもやはり楽しいことがたくさんありました!



土地の食材をたのしみ、山あいの田舎みちを走り、小さな峠を越えて。



かの有名な袋田の滝を訪ね、久慈川にそって南へ、日が暮れたので水郡線で輪行。


水郡線は上下1時間に1本という典型的なローカル線ですが、今はディーゼルエンジンとモーターの最新式ハイブリットカーが主力です。

水郡線ではチューハイ2本と途中で買った○○と、柿ピー。

水戸でさらに酒とつまみを買い足して常磐線に乗り、片道5時間をあっという間に感じました。

昨日は彼岸花が見ごろ。
秋になったら紅葉を観ながらもう一度走りたい!

そんな見どころを誌面でご紹介できれば…と考えております。

よろしくお願いします。
スポンサーサイト

[2012/09/30 16:15] | 未分類
トラックバック:(0) |
こんにちわ、五十嵐です。

OUCCのこれからを担うツーリングバイク制作。その2回目です。


部品たち。
ティアグラいいなぁ。

1番うれしい瞬間ですよねー!!


これから旅をする仲間たち。


うーん、羨ましい。


ハブ、スポーク、ニップル

タイヤを組むのは僕も経験が乏しいので、部品を購入したベロクラフト・大槻店長の著書「旅する自転車のつくりかた」を読みながら…。

カタチにはなりました。

スポークのテンションはケルビムに持ち込んで確認してもらう必要がありそうです。



ブレーキを取り付け、スプロケットをはめて…タイヤを組むのに時間がかかってしまい、この日の作業はハンドルをつくるところまでで終わることになりました。

「バーテープ、ニス塗りにしたい!?」

変な先輩がいると、
後輩も変になるようです(笑)

バーテープはささくれたり破れたりしにくい五十嵐巻き。唯一、プロのショップにも負けない技だと自負しています。



左右均等な巻き目、かなりキレイに出来上がりました。ニス塗りはオーナーI君が担当。ニス塗りにハマってしまったようです。


いい感じ☆

完成が楽しみです!

[2012/09/25 18:51] | 未分類
トラックバック:(0) |
こんにちわ、五十嵐です。

短い夏休みも終わり、桜美林大学も授業が始まりました。

秋学期最初の課題はコレ!笑

OUCCが制作するツーリングバイクのケルビム特製フレームです!※僕のフレームではありません。

学生でも自分で自転車をつくれるなんて!!今野さん、廣田さんのご厚意に感謝です!


パープルはSさん、蛍光オレンジはI君。


こんな色のランドナー、見たことがないなぁ(笑)


I君は吉祥寺・ベロクラフトで部品を購入!


某自転車旅行誌の有名カメラマンH様が使用していた中古の部品をいただき、1台分の部品がなんと○万円で揃いました☆

学生ならではの自転車づくり(笑)
僕自身も楽しみです。

組み立ての様子はブログで公開していこうと思います!

[2012/09/21 16:53] | my工房
トラックバック:(0) |
こんにちわ、五十嵐です。

ヒザの故障で自転車に乗れない1週間。

なぜかエヴァンゲリオンにハマり、
ピカールで部品を磨きまくり、
買い溜めた自転車誌を読み、
珍しく部屋の掃除をして、
終わりました。

バイト 全休み。
大学  夏休み。

完全自宅警備員です(笑)

そんなネガティブ自宅警備員の愛読書(笑)

3冊をご紹介。(五十嵐が寄稿している本の紹介ですm(..)m)


旅する自転車の本 Vol.4 「特集 ルネ・エルス」
枻出版 7月24日発売
fc2blog_20120727090525c0d.jpg
「女子スポルティーフをつくる」五十嵐友樹


シクロ ツーリスト Vol.7 「特集 東北」
グラフィック社 8月24日発売
d0211129_1082149-thumb.jpg
「十和田湖&奥入瀬の旅」齋藤希和子
「新連載・シクロツーリストの生まれる場所」石川彩季

ランドヌール 創刊号
「知ればもっと強くなる! ブルベQ&A」
グラフィック社 9月25日発売
d0211129_2026348-thumb.jpg
「ランドナーでブルベを走ってみました」五十嵐友樹+編集部


うーん、走れるように膝を治さないとなぁ!

[2012/09/17 17:55] | my工房
トラックバック:(0) |

膝の治療
たけちゃん
アスリートにとって膝は重要な部位。
(もちろん膝だけではないのだけれどね)
力を発揮すると同時に、それゆえ弱点にもなる。
特に靱帯。
だからキッチリ治すことが必要だよ。
いちど専門医に診てもらうのがいいと思う。

若いから、ある程度ほうっておけば、治ったようになるのだけど、あとあと負荷がかかったときや寒暖の差、寒いときなどに痛みが出たりする。
ボクがそうなんだけど、今からではどうしようもない感じ。
そうならないように手を打っておくことを勧めます。

コメント:を閉じる▲
こんにちわ、五十嵐です。

喜多方600kmブルベをDNFして2日。
大学生になってから負けや後悔と無縁なツーリングばかり
楽しんでいた僕にとって、敗北感は言い表せないものでした。

ベロクラフトの大槻店長、グラフィック社の田村編集長をはじめ多くの方からコメント、メールを頂き、とても感謝しております。

DNFする事になった理由は多々
ありますが、これは次のためにノートに書き留めました。

DNFするタイミングの適切性は、これから。
これはキャンプツーリングなどにも通じることではないかと思います。

僕の悪いクセ、準備不十分なところももう一度見直さなければならない時期が来ました。


スタートの道の駅しょうなん。


白河~喜多方~郡山で僕を牽引してくれたEさんのクロモリロード。クロモリトンネルにちなんで。

あの距離、あれほどの景色の中を駆け抜けた快感。DNFの苦み。

優柔不男子らしく
完全撤退を撤回します!
(もちろん、無理のない範囲で)

また、よろしくお願いします!



そういえば今回使用したタイヤについて!
リーベンデールのMaxy Fasty。


ベロクラフトブログでも紹介されていたので、個人的な感想をまとめてみました。

今まで使用していたパナのColdelavie(3KPa)よりも細く、5KPaと圧力も高め。

交換直後には平地で転がりの軽さに驚かされました。加速性能もバッチリ。

溝がなく、デザイン重視?と思いきや、小石の多い下り坂でも横滑りするような感覚はありませんでした。

登り坂でも予想以上に路面をキャッチし、グイグイ登れます!

ひとつ欠点は「下り坂でグイグイ加速できない(ような感じ)」。Coldelavieに比べてロードバイクと一緒に走るのが楽なのに、下り坂だけは劣りを感じました。

下り坂についてはColdelavieのほうが23Cのロードバイクにもついていける気がします。

理由はよくわかりません。。

それと溝が無い分、磐梯山から郡山に駆け下りる雷雨はおっかなびっくりでした。(気持ち的な問題…?)


もちろん未舗装路や雨天時はColdelavieのほうが無難に走破できると思います。しかし舗装率や未舗装路、雨天時に走る割合を考えるとMaxy Fastyのほうが現代の環境に適していて、快適に走れると思います。

いまどきColdelavieは大げさなのかもしれません。(ふんわりした柔らかさは魅力的です!)

ぜひお試しください!

[2012/09/11 13:34] | 未分類
トラックバック:(0) |


みやび
ヨカッッタ・
無理はしすぎない様に頑張って下さい。
ちなみに私は写真21番目。。19番目のミニベロ君と22番目の方にはお世話になりました。(へばなさん(ママチャリで有名な)の日記にも707宇都宮600kmに宮城発最終で写ってます。)

ランドヌール読みました!
根本
おはようございます!
昨日、ランドヌール買って体験レポート読ませていただきました。
ブルべ初挑戦でも余裕があって楽しんでましたね。
自分次第で楽しくも苦しくもなるのでバランス良く楽しみましょう。


お疲れ様でした
U-ki
PC6でお話しさせていただいたスタッフです。

お疲れ様でした。
脚のほうは大丈夫でしょうか?
同じ?ツーリング車乗りとして、またお話しできる機会があるといいですね。(^^)/


みやび 様
いがらしゆうき
ありがとうございます。
次回はしっかりとペース配分、計画を立てて参加します!

Re: お疲れ様でした
いがらしゆうき
U-Ki 様

コメント、ありがとうございます。

ゴールを楽しみにしていたのですが…笑
完走が難しくなった後も益子で真岡鉄道のSLを見たり、DNFをも楽しめたと思います。

また、よろしくお願いします!

根本 様
いがらしゆうき
BRM602十和田200kmは絶景のブルベでした!
200kmは手ごろな(?)距離なのかもしれません。

ありがとうございます!

コメント:を閉じる▲
こんにちわ、五十嵐です。

参加していたBRM908喜多方600kmは550kmを走ってDNF(リタイア)しました。

中盤の磐梯山で膝を壊した後も意地を武器に不眠不休で35時間走りましたが、終盤になるにつれてチェックポイントの通過時刻に余裕が無くなり、膝の関節から筋肉まで異常を起こし、今ではイスに座ることさえままならない状態です。


しかしショックを受けたのはケガやDNFしたことよりも、「ランドナーでブルベを走ることがいかに適切ではなかったか」ということに気付かされたこと。

周囲のアルミやカーボンのロードバイクの数を見れば、誰でもわかることです。

そして今回、ブルベがどういうものなのかわかった気がします。膝を痛めた僕を真夜中の山岳コースでも牽引してくれた“先輩”がいたこと。超ロングライドに求められる知識と最低限の装備。ブルベとは。


少なくとも僕自身と相棒のトーエイランドナーはマイペースなツーリング向きのようです。

当然ですよね。

来週のBRM916長万部400km、ほか300kmのブルベも参加を取りやめ、ブルベから完全撤退することを決めました。



なんとなくホッとした気がします。

[2012/09/09 15:34] | 未分類
トラックバック:(0) |

お疲れ様
velocraft
ベロクラフトの大槻です
DNF残念でしたね・・・
まずは、ゆっくりと休んで怪我を治してください

>ブルベから完全撤退することを決めました

そんなこと言わずに気が向いたら、また挑戦してください(笑)

なにはともあれ、お疲れ様!!

目標
みやび
はじめまして。私も参加していました。50歳のオヤジです。今回はリベンジでした。前回初600(宮城宇都宮同時開催)でDNFでした。頑張って約300キロ走破地点のシークレット有人PCでスタッフにDNFを告げた時、(まだ余裕3時間あるのに!)と(そんなんじゃ400km止まりになっちゃうよ!)と叱咤激励され、その晩は宇都宮1泊翌朝新幹線にて山形まで帰ってきました。昼ごろにスタート地点駐車場に着きましたがまだみなさんの車が在りました。(まだ走っているんです。)家に着きいつも参考にさせて頂いているベテランブルベライダーなブログ(なでら男さん)のブログを見たらなでら男さんの体験談で自身も初600kmはDNFだったと。。。。。。
泣きました。昼ごはん中にパソコン見ながら号泣しました。ご飯いらなくなりました。

おかげで今回千葉600完走しました。

自転車って練習すれば誰でも早くなれると思います。
完全撤退なんて言わないで目標に向かって頑張って下さい。



お疲れさまでした!
根本 喜一
BRM908喜多方600km!お疲れさまでした!
喜多方の道の駅からお世話になった根本です。
膝の具合悪そうですが大丈夫でしょうか。
私は道の駅ひらたに向かう途中で1時間も寝過ごした上、財布、携帯電話、ブルべカードを置き忘れて取りに戻ったのでPC6には向かわずDNFしました。
PC5近くの温泉で汗を流し、仮眠してR49をいわきまで行き常磐線で帰ってきました。
真夜中の峠越えスリルがあって楽しかったですね。
また走りましょう!(^-^)/

こんばんは
あほうどり
郡山喜久田のコンビニで会った二人組です。
「1500円で喜多方旅行なら安い」なんて
冗談を言ってました(^_^)

我々はあのままリタイアして健康センターで
寝て飲んで寝てと翌日午後までダラダラしました。
私も膝痛で道中全く楽しくなかったので、
心境お察しします。お疲れさまでした!



ランドナーでも完走できますよ
古部 走太郎
ブルベはランドナーでも完走できますよ。
ロードが流行っているから多いだけです。

長距離を走るには、それなりのノウハウが
必要ですし、ポジションも厳密に合わせないと
難しくなります。もちろん車体の整備や適した
ホイールの選択も必須ですね。

600kmですと膝の屈伸を20万回以上行います。
こういう回数は日常的にはありえないので
いろいろな不具合が出ることがあります。そのための
鍛錬も必要ですね。

ブルベから完全撤退するそうですが、それでいいと
思います。お疲れ様でした。体のメンテナンスを
しっかりやってくださいね。

楽しかったですね
Odaka
もう少しでちょっとで長めの登りが終わり、そこからPC7までは怒涛の下り超特急だったのに残念でした。私は「あさひで」で8万円弱の安いロードをブルベに使っていますが、楽しんでますよ。今回はBD-1の方やサイズの合わない奥さんのカゴ・ハブダイナモ付フラットペダルの方も完走してました。
60歳過ぎてシングルの方もいらっしゃいましたし、もっとブルベを楽しみましょう。行ける所まで行ってDNFすればいいんですよ、PCでのおしゃべりで情報交換したり次こそは完走だ~ぐらいで 
ブルベから完全撤退などと言わず続けて下さい、一人で走るより楽しいしなんたって参加費が安いでしょ?

ありがとうございます。
いがらし
ベロクラフト 大槻様

コメント、ありがとうございます。
諦めがつかないので、膝が治り次第挑戦しようと思います!


みやび 様

コメントありがとうございます。
ブルベ2回目で600km完走を目指す厳しさを理解し、「半分走れればいい」という気持ちで臨んだはずでした。
練習と、決断力、計画性を備えて次につなげようと思います。

よろしくお願いします。


根本 様

コメントありがとうございます。

まだ十分に歩けません。。
根本さん、Eさんがいなければ磐梯山を越えることができなかったと思います。郡山で別れ、福島平田ではお二人の到着を待たず出発したことに後悔する一方、償いに完走しなければという想いがありました。平田を3時に出発、伊王野はクローズ7時の2分前に通過しましたが、岩瀬で足が動かなくなってしまいました。

とても楽しかったです!
またよろしくお願いします。


あほうどり 様

コメントありがとうございます。
1500円で喜多方旅行(笑)
郡山までご一緒させていただいた方々と別れた後、どこでDNFするべきなのか(だったのか)常に考えながら走りました。所持金不足も無理に走った理由ですが…。
またよろしくお願いします。


古部走太郎 様

コメント、ありがとうございます。
200kmの3倍…なんて甘い考えが良くなかったのだとわかりました。
ベテランツーリストの方々が徹底的に自転車のことを考える理由もわかった気がします。
これを機にもう一度自分のことを見直してみようと思います。


Odaka 様

コメントありがとうございます。
完走とPCのクローズばかり気にして走ってしまった気がします。
次は楽しんで走ることが目標です!

よろしくお願いします。




お疲れ様でした
遠藤
途中ご一緒させていただきました遠藤です。
自分はあの後睡魔に負けて寝込んでしまい、タイムアウトでDNFしました。

自分のペースに巻き込んで、無理させちゃいましたかね…
自分と一緒にならなければ、五十嵐さんのペースで走りきれたんじゃないかと、ちょっと反省してます。

膝、お大事になさって下さい。
またどこかでご一緒しましょう(・∀・)ノ

…来年リベンジしますよ!

原因の分析と対策を
たけちゃん
ま、ブルベは「旅」というよりは「競技」だからね。
機材の向き不向きはあると思う。
でも、今回のDNF原因の分析は意味があるはず。
それをつかみ、対策したら完走できるよ。
なにしろ若いのだからね。
とりあえず一休みしておくれ。

遠藤 様
いがらしゆうき
本当にお世話になりました。

喜多方、猪苗代でもリタイアすることも考えたので、お二人に感謝しています。DNFは僕の悪いクセが理由です。

また同じブルベを走れることを楽しみにしています。よろしくお願いします。

コメント:を閉じる▲
こんにちわ、ブルベレポートです。
チェックポイント③の福島県喜多方市を3時間弱の余裕を残して2時に通過しました。

焼き肉定食ご飯大盛。

ボロボロです

[2012/09/08 14:34] | 未分類
トラックバック:(0) |
こんにちわ、ブルベレポートです。
チェックポイント②の福島県白河市を2時間30分の余裕を残して8時30分に通過しました。

フランクフルト
浅漬け
ピザパン
リポビタンD

ここから山岳地帯。。

[2012/09/08 09:05] | 未分類
トラックバック:(0) |
こんにちわ、ブルベレポートです。
チェックポイント①の栃木県益子町は2時間の余裕を残して4時に通過しました。

おにぎり2つ=一気食い腹痛
レンチンうどん
ロールケーキ携帯

さあ出発!

[2012/09/07 19:05] | 未分類
トラックバック:(0) |
こんにちわ、五十嵐です。

北海道夏合宿から戻って4日。
いつもならキャンピングキャリアなどをはずし、相棒をいつものランドナーに戻すのですが…

今回は「決戦仕様」に改造しました。

キャットアイ製で超明るいLEDライト。


吉祥寺・ベロクラフトのブログでも紹介されたリーベンデールの軽量タイヤ。


ヘルメットにもヘッドライト、テールライトを取り付け。

なぜここまでするかというと、今夜(8日午前0時)に地元柏を出発する600kmのブルベを走るからです。

200km=12時間以内 300km=20時間以内 400km=27時間以内 600km=40時間以内

「時間内に距離を指定ルートを完走する」 という超ロングツーリング。

地元柏をスタートし、茨城県縦断、福島県の猪苗代湖を一周、阿武隈山岳地帯を走り、再び茨城県を縦断して柏まで戻る未知の距離を走ります。

チェックポイントは7ヶ所。
ブログを更新できればなぁ。

それよりも

完走できるのかなぁ。。。

[2012/09/07 18:56] | 未分類
トラックバック:(0) |
こんにちわ、五十嵐です。


8月25日は青森を観光し、26日から下北半島、道南、津軽半島を旅してきました!


恐山冷水と霊場見学。





なぜか毎日ソフトクリームを食べるルールになりました。



山深い峠を越え、奥薬研温泉へ。


大畑からロードバイクで通う管理人の方と一緒に大畑に行くことに。

「毎日奥薬研温泉に入れるなんて贅沢だなぁ…」なんて(笑)

五十嵐イチオシの下風呂温泉でテント泊し、大間からフェリーで函館に渡りました。







函館で人気のハンバーガーショップ「ラッキーピエロ」で夕食を済ませて店を出ると、五十嵐のトーエイランドナーとケルビムミキストの前に人影が!?

「桜美林さんですよね?」

愛知から来た大学生のYくんはシクロツーリストの読者で、自転車を見てすぐに僕らだとわかったとのこと。すごーく嬉しかったです!


大沼、恵山を経て函館に戻る途中でロードバイクのNくんはパンクに悩まされましたが、苦難を乗り越えて函館に戻りました。

青函トンネルで津軽半島に渡り蟹田から青森市まで走ったのですが、津軽らしさの残る景色ばかりでした!

[2012/09/02 16:49] | 未分類
トラックバック:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。