ブログ壁紙
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ、五十嵐です。

春のサイクリングに備えて整備や装備の確認をしていたところ…


犬印のフロントバックの革ベルトが片方だけない…!!

オーストリッチが補修用として販売しているものや、他のフロントバックのものを流用することもできますが、革の質感が違ったり長さが合わなかったりナイロン製だったり…

そこで浅草の犬印鞄製作所に新しいベルトをオーダーしてしまいました☆

やっぱり2年使うとかなり伸びていました。穴をひとつ増やした理由がよくわかりました…
ま、それでもちぎれない丈夫さは、革のすばらしさでしょう!

厚手の紙袋はいつもブックカバーに!
丈夫だし、洒落てるでしょう☆


浅草には他にもツーリング車関連のお店がいっぱい!アパレルではリンプロジェクト直営店、TOKYO wheels、ツーリング車のオオマエジムショ…

偶然、あるお店(ヒミツ)の棚に置いてあったこんなものをいただいてしまいました(笑)

「これはどこのメーカーのものですか?」
「さぁシビエかな、売りもんじゃ無いんだよ持って行くかい?」

フランス製ランプをもらえるなんてお得ですよね大学を留年しても(笑)
いただいたものはソービッツの砲弾ランプよりもちょっとスリムで、ちょっと長くて、ヒサシの下の球面レンズが高級感を醸し出しています☆

五十嵐のランドナーにはソービッツの砲弾ランプを採用しましたが、アルプス・ローバーなどキャンピング車に付いていそうなワイルドな感じ。

カッコいいけどね。

構造が気になり、分解してみました。

電球は6V2.4W、フランス製。
台座金具の刻印を読んでもフランス製。
このランプ専用の構造らしいです。

もう一度組み立ててみると球面のレンズとヒサシが特徴的。

プラスティックじゃなく、アルミボディーだったらなぁ…

しかし!

この潤いのあるレンズに一目惚れしてしまいました☆しかもイエローバルブがフランスらしい!堪らないねぇ!
こんな部品、使いたいなぁ破損も気にせず気楽だし!優雅だし!


うーん、やっぱりCIBIE(シビエ)のものなのかな…?


そういえば最近、あちこちのお店で部品をいただいてばかりなのですが、なぜでしょうか!?
ステム、ハンドル、TAの刻印チェーンホイール、フェンダー、リム、ハブ、フレームまで…
ランドナー好きな新入生が数十人入ってきたら面白いのだけれども(笑)
スポンサーサイト

[2013/04/06 17:02] | my工房
トラックバック:(0) |
こんにちわ、五十嵐です。

今日は3月上旬発売の「シクロツーリストvol.9」(グラフィック社)の取材を兼ねて、東叡社へ。

東叡社の歴史を最もよく知る、星野さんにインタビュー!
あまりにも緊張してしまい、質問の順番を間違え、写真撮影を忘れ…いつにも増して挙動不審っぷりを全開のインタビューを展開してしまいました…。

それでもコレは星野さんにお話を聞かなければならないのです!
なぜなら…

それが丸都自転車のフレームのことだから!

日本のスポーツ自転車黎明期の自転車メーカー・丸都自転車。
老舗の東叡社の歴史に大きな関わりがあります。
そんな丸都のフレームを偶然にも手に入れてしまった五十嵐には、丸都自転車の研究という使命があるのです!
(就職活動もやらねばなりませぬ!)

その後、赤羽の「バイシクルショップ・玄」さんを訪ね、
さらに北の丸公園の科学技術館へ。ハンドメイドバイシクル展が開催されているからです!

周辺にはサイクリストの方々がたくさん!

ものすごく混雑していました!!

東叡社のブースには田村編集長とベテランサイクリストとのIさん!?

もちろん、ここでも丸都自転車のフレームについて情報収集。
ベテランサイクリストの先輩の方々、プロの自転車職人の方々にもお話を聞かせていただいたのですが……
ここから先は紙面でご紹介させていただきたいと思います!!

記事にできるのかしら。。

丸都自転車を手に入れられたのは、運とご縁。
地道な調査と研究に挑戦してみましょう!


そういえばHIROSEさんのブースに

H様の新製ランドナーが!!
H様は自転車誌でご活躍を拝読していたので、とォっっっても興奮してしまいました!お洒落でステキな憧れの大先輩ですから!!
ランドナーの完成、おめでとうございます☆


今日は帰りに浅草・オオマエジムショにもお伺いしました。


整備のために入場していた大前さんのお父さんの自転車。


僕は大前さんのお世話になり、
僕の父は大前さんのお父様のお世話になり…、
ご縁とは、とても不思議なものなのです。

[2013/01/19 23:07] | my工房
トラックバック:(0) |

沢山の人に面倒をみてもらおう
赤鬼亭
丸都は驚きでした。よくぞ気付いてくれた。よくぞ発掘してくれた。エライ。(自然公園管理のオジサン)

Re: 沢山の人に面倒をみてもらおう
いがらしゆうき
赤鬼亭 様
コメント、ありがとうございます。
新車完成、おめでとうございます!
とても繊細でお洒落で、羨ましいかぎりです!

何も努力していないのですが、本当に偶然見つけてしまいました。笑
丸都自転車の研究は苦難の道が続くのだろうと覚悟しておりますので、
ぜひともご協力よろしくお願いします!

管理人のみ閲覧できます
-


コメント:を閉じる▲
こんにちわ、五十嵐です。

元日の朝に祖母が亡くなり、息つく暇もない正月休みでした。。
楽しみにしていた後輩たちとの年明けのランももちろん中止。。

ばあちゃん、もう少し生きてくれよな!

電話の番をしたり、何かと家にいないと行けないので
自転車を作ることに。これなら気持ちが沈みません☆

ベースは...
ビバロのピストバイク!

昨年の夏合宿の時に函館で発見。
海沿いで漁具などを干す竿代わりに使われ野ざらしよりも無惨な状態でしたが、持ち主の漁師さんは快く譲ってくれました。


ずいぶん前に函館の競輪選手から譲り受けたもの…
とのことです。


梱包材の代わりに昆布をたくさん詰めてくれました(笑)

練習車としてのステッカーが貼ってありましたが、
やはりプロの機材…

リムは超軽量な名品
フロントはアラヤ・ワールドチャンピオン…
リアはスーパーチャンピオン…

練習に明け暮れ、酷使されて前後不揃いのリムになったのでしょうか。

フリーが錆びついたリアハブは…

サンシン・プロフェッショナル。
錆の塊のようですが、回転の軽さに驚かされました。

ものづくりの国らしい逸品です!

フロントハブはシマノ・ジュラエース!
※「デュ」ではありません※

クイックリリースに交換してスポルティーフ(いつかつくる)にストックしてもいいですね!

ヘッドパーツもジュラエース!

錆びているのかと思いきや、拭いてみると貫禄のある輝きを取り戻しました!

磨いたり修理したり手がかかりますが、これからどんな自転車を作るか妄想するだけで楽しくなります☆


錆だらけのペダルは…


カクマル印の極東プロエース!!

ランドナーでも使ってみたい!

「復元」も考えたのですが、
ピストバイクのままでは実用性が低いし、
ブレーキを取り付けなければ公道を走れないし、
プラベースの革張りサドルは魅力的じゃないし…
でもカッコいいのがいい!

そこで昨今注目を集めている「街乗り」にしようと思います!

続編、乞うご期待。

[2013/01/05 20:05] | my工房
トラックバック:(0) |
こんにちわ、五十嵐です。

明後日11月3日から桜美林大学では大学祭が開催されます。

OUCCでは唐揚げ屋のほか、今年は初めてVELOTAXIの運行も行います。


今日は輸送・搬入作業。

手伝いは昨日まで開催していた「勝手にサイクルモード@桜美林」にケルビムツーリングを出品していたN君です。


N君のケルビム・ツーリング

トラック輸送後なのでブレーキの制動や変速の点検を行い、試運転後に保管するラウンジへ。


「大学祭で運行したい!」と思ってから約3年。「部活を建て直したい、自転車をつくりたい」と、動き出したころ。
大学の中を走るVELOTAXIを見ると、とても感慨深いのです。

まだ今日は試運転。
たくさんのお客様にお乗りいただいてから撮りたいと思います!


遅くまで残って準備している方も。。

あともう少しで本番!
頑張りましょう☆

[2012/11/01 19:03] | my工房
トラックバック:(0) |
こんにちわ、五十嵐です。

11月2日(金)から4日(日)まで、桜美林大学では大学祭が開催されます。
奇しくも幕張メッセで開催されるサイクルモードと同日程…。

サイクルモード2012
行きたいけど行けない!(!?)

そこでOUCCでは「勝手にサイクルモード2012」を桜美林大学で開催しました!


いつもお世話になっているケルビムの自転車がメインですが、トーエイ、さらに話題の天然繊維の自転車も!!

今日のブログは展示された自転車をご紹介。

ケルビム・ランブラー
やっぱりカッコイイですよね…。ちなみに某出版社編集長のお嬢様用ランブラーも製作中とのことです(笑)


ケルビム・街乗り
街乗りなのにTAのクランクなんて贅沢過ぎる!!しかも木リム…乗ってみたいなぁ!


ケルビム・ツーリング
なんと◯◯万円という大特価で販売中!


トーエイ・ランドナー(五十嵐相棒)
親バカなので可愛くて仕方ないのです(笑)


ケルビム・ツーリング(OUCCモデル)
OUCCで製作しているツーリングバイクです。オーナーのN君はリアメカ、ハンドル、ステム、ブレーキ一式、バーコン、サドルなどを貰い物で補い、、、というかほぼ貰い物で自転車を作り上げました(笑)


ザンバイク
OUCCの顧問で社会学のS先生の竹自転車です!アフリカ・ザンビアで豊富にとれる竹で現地製造されています。カーボンみたいだけどフシがあり…(笑)


もちろんOUCCで執筆・取材協力させていただいた書籍たちも!
ウチの部の誇りです☆

"勝手に"サイクルモードですが、これほど素晴らしい自転車を展示できるのはウチだけだと自負しております!
ご協力いただき、ありがとうございま…なんて!

ご好評につき、明日から第二部を開催!
ご期待ください!!

[2012/11/01 00:50] | my工房
トラックバック:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。